QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2016年12月30日

~~ハグするってあったかい~~

ハグするのも、されるのも初めてのハグデビュー。

奥利根ワイナリー井ノ瀬さんは教室に入ってくるなり、「久しぶり、元気だった?」と言って、大きく両手を広げ、まるで子供に「よしよし、いい子だね」と言われてでもいるようにハグされて、背中をポンポンとされていた。

はっと、我に戻って考えた。

ハグってこんなにあったかいんだ。

それはそうだ。

相手は生きているんだから。

ハグってそこにいて、呼吸している生身の人間の温もりを感じる事なんだなァと思った。

会話をしなくても、伝わってくるものがある。

それは恋人とは限らない、子供でも、若者でも、異性でも、年代を問わないのだろう。

とは言え、井ノ瀬さんのようにはできないが、ハグっていいものだ。

今年も病気をせず仕事が出来たことに感謝します。

そしてこのブログ見て下さっている皆さん、本当にありがとう。

来年もまだ知らない自分の可能性を信じて、新しい発見をして下さい。

又、来年会いましょう。

ハグするって







  


Posted by ボナー at 22:20Comments(0)コメント

2016年12月22日

2016年12月18日

~~あさりのかわりにホールコーンで~~

クリスマス用スープ。

チャウダーはあさり、それをホールコーンにすれば色もきれい。

クリスマス用スープ







  


Posted by ボナー at 22:11Comments(0)料理紹介

2016年12月13日

~~きのこのマリネサラダ~~

きのこを炒めてワイン蒸し、玉葱、にんじん、セロリを一緒に好きなドレッシングマリネ

これもクリスマス用に、きのこの他に、シーフード、ハム、わかさぎの唐揚げ、鶏の唐揚げでもいろいろアレンジすると楽しい。

きのこのマリネサラダ




きのこのマリネサラダ

しめじ………1パック

えのき………小1袋

エリンギ………1/2パック

白ワイン………50cc

塩、こしょう

玉葱………中1/2コ

にんじん………50g

セロリ………1本

ドレッシング

1.しめじは手でほぐす。

えのきはいしづきを切り5cmに切る。

鍋に油を入れてきのこ類を炒め、ワインを入れて、塩、こしょうする。

2.玉葱は薄切り、にんじんは細い千切り。

セロリは斜め薄切りにする。

冷めたキノコと野菜を合せ、ドレッシングマリネする。





  


Posted by ボナー at 21:51Comments(0)料理レシピサラダ

2016年12月08日

~~巻いて巻いて焼くだけ~~

鶏モモを広く広く観音開きにして、鶏挽きをのせ、にんじんいんげんをロールケーキのようにくるくる巻いて、アルミホイルで包んでオーブンで30分。

これだけでクリスマス用の一皿が出来ちゃう。

中に巻き込む具材はアスパラ、ピーマン、エリンギ、ミックスベジタブルでも。

鶏肉のガランテン




鶏肉のガランテン(鶏の挽き肉巻き)

鶏モモ肉………1枚

(A)
鶏挽き………100g

パン粉………5g

卵………小1/2コ

塩、こしょう

いんげん………4本

にんじん………1/4本

アルミホイル

1.いんげんは筋を取る。
にんじんは5mm角に切り、一緒に固めで茹でる。

2.モモは大きく観音開きに広げ、塩、こしょうする。

(A)をよく混ぜ、この広げたモモの上に伸ばし広げ、いんげんにんじんを芯にして巻き込む。

ホイルにオイルをぬり、チキンを置きくるりと巻いて両端をねじっておく。

3.200℃オーブンで25~30分焼き、冷めてから切り分ける。





  


Posted by ボナー at 22:05Comments(0)料理レシピ洋食

2016年12月04日

~~豊かな食卓~~

「料理をしている先生の食卓ってどんなの?」と思いますよね。

いたってシンプルです。

我家は個々の時間がバラバラなので、平日は自分達で。

ただ土、日だけは何とか一つのテーブルについて顔を合わせたいと私も仕事を早めに切り上げ食事作りをします。

そこで先日の夕食メニュー。

生徒さんに頂いた大根とたけのこ芋と鶏肉、しめじの煮物。

ブロッコリーを強めの塩で茹であげ、鰹節をパラパラ、水煮のサバ缶の上にスライスオニオンたっぷり、更にみょうがを天盛り、上から多めの酢をかけてポン酢。

買ってきたひじき煮に、にんじんのせん切りを炒めて煮かえし再生。

買ってきたもずくの酢の物。

今回品数は多いが作っているものは少ない。

和食の理由は日本酒。

秩父の武甲酒造、寒造り限定、新米新酒の為。

名水百選の水使用とあって、キリッと澄み切った味でした。

豊かな食卓はバランスの良い料理も大切ですが、そこに家族が笑顔でテーブルを囲む空間はさらに重要な意味合いを持ちます。

ああ、それにしても秩父の地酒はおいしかった。


冬のバラ







  


Posted by ボナー at 21:17Comments(0)コメント