QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2011年09月25日

~~サケのきのこおろし~~



生鮭………4切れ
(小麦粉………少々)

しいたけ………3枚

しめじ………小1パック

えのき………小1/2袋

(A)
だし:しょうゆ:みりん(5:1:1)
(200cc:40cc:40cc)

大根おろし………5~6cm分

小葱………2~3本

(B)
片くり粉………大さじ1・1/2
水………大さじ2


1.しいたけ薄切り、しめじ、えのきはいしづきを切り
 しめじは手でほぐし、えのきは半分の長さに切って
 ほぐす。
 大根はおろし、小葱は薄切りにする。

2.鮭に粉をつけ、フライパンに油大さじ2を入れて
 表になる側から焼きはじめ、焼色がついたら返して
 弱火でふたをして蒸し焼きにする。

3.(A)を鍋に合せて煮立て、きのこ類を入れて煮る。
 水溶き片くり粉
(B)でとろみをつける。
 鮭を皿に盛り、きのこあんをかけて、軽く水切りした
 おろしをのせ小葱を散らす。




  


Posted by ボナー at 22:22Comments(0)料理レシピ

2011年09月15日

~~ベイクドチーズケーキ~~

卵白は根気よくモコモコするまで泡だてて

ベイクドチーズケーキ

(18cmケーキ型)
クリームチーズ………200g
牛乳………50cc
卵黄………2個
さとう………20g
レモン汁………1/2個分
生クリーム………50cc
小麦粉………25g

卵白………2個分
さとう………30g

ホワイトキュラソー………少々

1.ケーキ型の底とまわりにバターをぬり、底にパラフィン紙
 をはっておきます。ボールにクリームチーズをとり(固いよう
 なら湯せんすると簡単です!)、クリーム状になるまで、
 よくねります。そして牛乳を少しずつ加え、クリームチーズ
 なめらかにします。つづけて卵黄、さとう、レモン汁、生クリーム
 の順に加え、最後にふるった小麦粉を手早くまぜます。

2.別のボールに卵白をとり、泡だて器で角が立つまでよく
 泡だて、さとうを加えてさらに泡だてます。

3.クリームチーズの中に卵白を入れ、泡をつぶさないように
 まぜ、ホワイトキュラソーも入れて、型に流し、天板に湯を
 入れて、150~160度のオーブンで蒸し焼き
 にします。
 1時間ほどしてから、竹ぐしをさし、何もつかなくなったら、
 できあがり。



  


Posted by ボナー at 22:27Comments(0)料理レシピ

2011年09月14日

~~ピーナツとチョコレート入りクッキー~~

ふぞろいだから手作りクッキーらしくなるのです。

ピーナツとチョコレート入りクッキー


バター………100g
さとう………90g
卵………1個

小麦粉………150g
ベーキングパウダー………小さじ1/2

ピーナツ………1/2カップ
チョコレート………50g
バニラエッセンス………少々

1.小麦粉とベーキングパウダーをあわせてふるい、チョコレート、
 ピーナツはあらくきざみます。

2.バターをクリーム状にねり、さとうを入れて、よくすりあわせます。
 それにとき卵をすこしずつまぜ、ふるった粉を3回くらいに分けて
 加え、まぜます。最後にピーナツ、チョコレート、バニラエッセンスを
 入れて、ザックリとまぜあわせます。

3.2を天板にスプーンで小山において、170度で15分くらい
 焼いて、できあがりです。




  


Posted by ボナー at 15:06Comments(0)料理レシピ

2011年09月13日

「和楽の食彩」

この情報誌を見たことがありますか?





群馬県老人クラブ連合会の機関誌でシニアを楽しくする情報誌です。

その内容は実に幅広く深く、なかなか読みごたえのある一冊です。

特に「上州再発見」は知らない群馬の歴史をひもとくようにぺーじを

めくるようなおもしろさです。

そして40ページの「和楽の食彩」にボナー料理

教室からもかんたんでおいしい料理を

紹介しています。

銀行などの金融機関や図書館に配布されていますので

待ち時間の折には手にとって読んでみて下さい。


「和楽の食彩」




  


Posted by ボナー at 22:38Comments(0)コメント