QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2018年08月07日

~~高校野球100回大会に女子アナ実況~~

この時期は高校野球をラジオで聞きながら仕事をしている。

今日は3日目、2回戦、智弁和歌山と近江の試合になんと女子の声!

今までにこんなことは初めて、100回大会、これからの方向性をちょっとかいま見る。

試合の実況が始まると、彼女の声は応援にかき消されてしまいがち、男性よりも声量が弱い、ちょっと心配。

試合よりも実況しか耳に入らない。

でも3回以後はスムーズに波に乗れたようだ。

この日の為にどれだけの練習を重ねたのだろう。

その成果は試合終了まで感じられた。

試合は近江が智弁を制したが、彼女にも拍手を送りたい。

ちなみに前橋育英も一回戦突破、おめでとう!


今月のお弁当
今月のお弁当








  


Posted by ボナー at 23:23Comments(0)コメント料理紹介お弁当

2018年06月03日

~~さるボボの話し~~

さるボボ飛騨高山のお土産らしい。

ボボは赤ちゃんのことで、昔、農家の主婦が赤ちゃんを田んぼの畔(あぜ)に置いて仕事をしていると、赤ちゃんが溝に落ちそうになったところを猿が飛び出して赤ちゃんを助けてくれた。

主婦はその猿にお礼をするために猿に似たお人形を作って気持ちを表したのだという。

人間も猿も仲良しだったのだ。

手作りのさるボボは九匹の猿が、南天の枝に乗っている。

九は窮地をかわす、南天は難を転じるという意味を込めているのだそうだ。

お猿の顔はふせんかずらの種で自然に顔のようにハートの模様になっている。

すべて自然の素材の手作りのお守りに再度頭が下がりました。

何しろ南天は庭の南天を切ってしまったのだから、日本人てすごいね。

さるボボ






  


Posted by ボナー at 20:42Comments(0)コメント

2018年05月28日

~~さるボボのミニチュア?~~

手作りのお守りを頂いた。

かわいい、かわいい、おさるさん。

ありがとう。

さるボボ1



さるボボ2






  


Posted by ボナー at 20:54Comments(0)コメント

2018年05月02日

~~ボナー オリジナルドレッシングに教室メニューのレシピを入れました~~

初夏というより、もう夏の日差し、カラダもフレッシュサラダのみずみずしさを求めています。

ボナーのドレッシングにんにく玉葱人参セロリの4種の入ったさわやかな味。

日々のサラダ、シーフードのマリネサラダにもよく合います。

好みでポン酢をちょっとかけるのが私は好きです。

このドレッシングはスーパーなどにも納品しています。

ドレッシングの中に同時進行の教室でのレシピを入れました。

和食、中華、洋食、どんな料理メニューかはお楽しみ、そして作って見て下さい。

そんな体験料理教室も楽しいはずです。

納品先は「うおかつ倉賀野店」、「食の駅吉岡店」、「JAファーマーズ朝倉店」

見つかりにくい時はお店の人に聞いて下さい。

ボナードレッシングと教室レシピ






  


Posted by ボナー at 23:03Comments(0)コメント

2018年04月03日

~~おじいちゃんのおべんとう~~

おじいちゃんお弁当は今も続いている。

水曜夜クラスのみんなはおじいちゃんに会ったことはない。

そうすると個々にいったいどんな人なんだろうと色々な想像をしたくなるものです。

Hさんは「おじいちゃんの特徴を言ってみて、似顔絵を描くから」と、

顔はたまご形、丸顔?、目は大きい、小さい?

そんな風に描いた顔は結構似ている。

ちょっと芸術家ぽい、それは当たっていた。

おじいちゃんの本名は箕輪邦雄さん、箕輪さんは86才、2016年に「珈琲のことば」

木版画で味わう90人の名言という本を出版(平凡社)しています。

一文字一文字を彫っていく根気と時間を想像すると、簡単に短時間で結果を求めてしまう自分がいかに軽いか思い知らされます。

箕輪さんは朝4時に起床、ご飯を炊き、みそ汁も作ります。「八丁味噌と京味噌を合せて作ると、とろりとしてこれがおいしいんだ」

脱帽!朝食の後、コーヒーを入れて仕事場で朝日を浴びながらコーヒーを飲む。「幸せな時間なんだ」

箕輪さんの言葉の一つ一つに重みがあります。この本は筑縄(高崎)の大和屋店の試飲コーナーで購読できるということでした。

コーヒー好きの貴方、大和屋さんのおいしいコーヒーと一緒に楽しんでみてください。

新学期が始まりました。おじいちゃん給食も続きます。

珈琲のことば表


珈琲のことば中





  


Posted by ボナー at 22:57Comments(0)コメントお弁当

2018年01月27日

~~父を天に見送って~~

私は父の名がとても好きでした。

父の名は「好」ゆきよしと読みます。

明治生まれの祖父は「丑松」、父は7人兄弟の長男として生まれます。

明治から大正昭和に生き抜いた祖父が、初めての自分の長男に、どのような思いを込めて、この名前を付けたのか、判るような気がします。

西洋文化が少しづつ入り始めた明治大正デモクラシーと言われた、そんな時代に名前はちょっと夢のある我が子を思うものであったのでしょう。

父が自分の名前をどう感じていたかは判りませんが、その名の通り昭和平成を生き抜いた92年の人生であったと思います。

自分の名前、それは親のあふれる愛情の思いが詰まっています。

ちなみに私も父の一字「」をもらい、私の長男もその一字がつきます。

父を天に見送って






  


Posted by ボナー at 21:31Comments(0)コメント

2017年12月31日

2017年12月04日

~~作りたいクリスマスケーキはいちごのケーキ~~

12月に入ればクリスマス。

「クリスマスケーキは何がいい?」と聞くと

『いちごのケーキがいい』なので今年のクリスマスケーキはいちごデコ

以外にみんなうまい!

作りたいものを作るって、上手に素敵に仕上がるのだろう。


クリスマスケーキ2017



クリスマスケーキ2017



クリスマスケーキ2017







  


Posted by ボナー at 21:15Comments(0)コメント料理紹介デザート

2017年11月28日

~~卵白が残ってしまった時に~~

お菓子づくりの好きな人はどうしても卵白が残ってしまいます。

そんな時は卵白だけをフライパンで卵焼きにして、千切りし、炒め物やサラダの上にのせて、粉チーズをかけると上手においしく食べられる。


卵白







  


Posted by ボナー at 20:14Comments(0)コメント料理紹介

2017年11月21日

~~こんなのが食べたかった~~

プリンの上に生クリームフルーツをたっぷり。

こんなプリンパフェが食べたかったナ。

Oさんはクリームが倒れそうなくらい絞った

きっとこれを彼に食べさせたいんだ。

きっとそうだ。

プリンパフェ1



プリンパフェ2







  


Posted by ボナー at 21:12Comments(0)コメント料理紹介デザート

2017年11月05日

~~おじいちゃんのお弁当~~

Mさんはかつてレストラン時代のお客様です。

もう80代になられました。

数年前は奥様と散歩をしていましたが、今は一人暮らしです

教室への問い合わせをいただき、見学にも来ましたが、教室への参加は断念されました。

そのかわり、教室で作った料理をお弁当としてつくられませんかと言われ、皆さんに聞いてみると...。

そんなことで始まった
「おじいちゃんのお弁当」

昼クラスはベテラン主婦組ゆえ問題なし。

夜クラスはMさんからは孫世代。さてはてどうなることやら...。

Mさんは言います。「私にとって一日も一時間もとても貴重なんです。その時間を大切に生きたいんです。」

言葉の一つ一つに重みがあります。

プロが作る料理ではない、切り方が雑なこともあるし、料理を焦がすこともありますよと言うと、「いいじゃありませんか、デコボコがあったって、その方が楽しい」

そうかも知れません、きれいに整った料理よりも、「おじいちゃんが食べるんだから」と思って作る料理はどこか違うはずです。

Mさんの一週間はこのお弁当を中心に動いているかも知れない。

ちなみにMさんは芸術家のようだ。どうりで心が広い!





おじいちゃんのお弁当








  


Posted by ボナー at 21:57Comments(0)コメント

2017年10月29日

2017年10月17日

~~のぞみふれあいフェスティバルでお菓子の販売します~~

10月21日(土)国立のぞみ園で今年もふれあいフェスティバルがあります。

りんごのお菓子スイートポテトサンドウィッチロイヤルミルクティーを売っていきます。

お天気が心配ですが、楽しく販売いたいと思います。

遊びに来てくださいね


のぞみふれあいフェスティバル







  


Posted by ボナー at 22:39Comments(0)コメント料理紹介

2017年09月05日

~~夢でよかった~~

こんな夢を見た。

榛名山のいたるところからモクモクと黒煙が空一面に広がり、あたりの風景はまるで水墨画のように黒の濃淡に変わってしまった。

その山裾から白い蒸気をわずかに上げてこちらに流れる動きが見える。

ゆっくりとゆっくりと..。

とっさに「逃げなくちゃ」と車に乗り、できるだけ遠くへと思っている道の先を流れは奪ってゆく。

「もうだめだ、これ以上車は進めない」・・・。

足元に流れ込んでくる泥水を見ながら、「私の人生もここまでだ」と大きくため息をついた。

そしてこれって熱いのかな、やだなとのぞき込んでいるところで目が醒めた。

「夢か、私はまだ生きている。」

夢から冷めやらぬ頭の中で「夢でよかった、でもこの夢は忘れちゃいけない」と繰り返し思うのだった。

生きているって素晴らしいことなんだ。


夢でよかった






  


Posted by ボナー at 21:56Comments(0)コメント

2017年07月23日

2017年07月05日

~~火曜日に届くお弁当~~

火曜日はシニアお菓子クラブ

この日には色鮮やかな栄養バランスの良いお弁当が一緒に届きます。

「料理教室にお弁当を作って持ってくるの?」と思われるでしょうが、日々仕事と時間に追われ、ゆっくりと食事をしない私を気遣い、身に余る美味しいお弁当を作ってくれるのです

彼女は鰹節を削り、昆布、小魚を使う料理法なので、シンプルに食材の味が伝わってくる料理です。

彼女は30数年前の生徒さんで、10数年前はスズランに納品するタルト菓子を一緒に作っていました。

目先も変わっていたのでよく売れて、本当に楽しい一時代でした。

思い返してみれば、教室を始めて38年

便利な時代の中で料理教室の数も少なくなってきたようです。

先日、スーパーで15年程前の生徒にバッタリ、思わず「森山さん」と名前が出てびっくり。

沢山の人との出会いがありました。

その人達に今も助けられて生きています。

のんびり、ゆっくり、マイペースでこれからも続けていこうと思っています。

火曜日に届くお弁当







  


Posted by ボナー at 22:38Comments(0)コメント

2017年05月15日

~~こんな一品ほしかった~~

この夏も何やら暑いらしい

パッと作れる一品があるととてもありがたいもの。

きゅうり大根を塩をして、水気を絞り、梅肉と塩昆布を入れてあえるだけ。

カブやきゃべつに変えるのもいい。

こんな一品ほしかった




きゅうり………2本

大根………5cm

梅干し………2~3個

塩昆布………適量

1.きゅうりはピーラーでタテに、シマシマにむき1cmに切る。
大根は4つ割りのいちょう切りにして、きゅうりと合わせ塩をする。

2.水気を絞り、梅の種を取って叩いたものと昆布を入れてあえる。





  


2017年05月09日

~~木曜の午後はFM群馬のワン・フォー・エイトを聞く~~

以前、聞いていたFM群馬。
途中からTBSラジオ。
そして今はNHKラジオを聴いている毎日。

TBSに変わり身したのはその頃に聞いていた。
チャンネル、ワン・フォー・エイトのさすらいさんが止めてしまったことと、FM群馬の新人女子アナが次々と辞めていなくなってしまったことだった。

でもいつのことだったか、さすらいさんの声がFM群馬から流れていたのにびっくり、「帰ってきたんだ高橋さん」それから木曜の午後1:00から夜8:00まで飽きずに浸り続けている。

同じメニューなのにこれが飽きない。
さすらいさんとリスナーの大真面目な遊びの中から、伝わってくる感覚が快く響く。

5月4日は最初から終わりまで7時間。いい大人がクラブエアーのスタジオに詰めかけているのを想像すると笑ってしまう。
彼等はきっと木曜日を中心に一週間が回っているのだろう。という私もその一人かも知れない。

以前、さすらいさんが番組の終わりにつぶやいた一言が思い出される。「おやじ、おふくろ、俺はこんな生き方しかできないんだよ。ごめん」
そして昨年入社の女子アナさん、リスナーはそっと見守っていますよ。

好きで選んだお仕事。楽しんで進んで下さい。
みんなそう思っています。
二人の後ろには大応援団がついていますよ。



白い花もすてき!






  


Posted by ボナー at 21:15Comments(1)コメント

2017年04月29日

2017年04月18日

~~ようやく売れてくれたスパゲッティ~~

納品の仕事を始めて、このスパゲッティだけは私の課題だった。

売れないのだ

売れない理由はいろいろあるもので、味、値段、量、容器、場所等々。

メニューから外すことは簡単だけどそれは何だか悔しかった。

それが少しづつ売れるようになってきた

料理教室の名で売っているのだから、ある程度美味しくて当たり前。

あきらめず続けていくことが大事なのだと教えられた

納品スパゲッティ






  


Posted by ボナー at 21:15Comments(0)コメント料理紹介麺類