QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2018年03月26日

2018年03月03日

~~走り抜けた6日間~~

N社の今回のお弁当はドイツからのお客様を迎えての7人分6日間のお弁当だった。

お客様の1人はアレルギーで甲殻類が食べられない。

もう1人のお客様はベジタリアンで肉類はダメ、スープからデザートまでの6品目はこれらを考えたメニューとなった。

同じメンバーなのですべての内容を変えてゆく。

いつもよりちょっと高いハードルとなったが充実した6日間だった。

中身はすべて教室で作っている料理なので特に難しいものはない。

ビジネスの中で緊張、ちょっとホット息抜きできるランチであってほしいと思いながら作っている。



お弁当1


お弁当2


お弁当3





  


2018年02月04日

~~ちょっと早めのバレンタインケーキ~~

チョコスポンジを3枚にカットし、白いホイップクリームを1段に、

残りのクリームに溶かしたチョコを入れて、生チョコクリームに仕上げて、

もう1段はこのクリーム、全面にチョコクリームをぬって、上にココアをふって完成!


2018バレンタイン1


2018バレンタイン2




チョコレートケーキ
(16.5cm)

卵………2コ

砂糖………50g,

薄力粉………45g

ココア………5g

シロップ
水………50cc

砂糖………大さじ1強

ブランデー………適量


生クリーム………150g

砂糖………15g


チョコレート………50g

生クリーム………50cc

ブランデー………適量

1.スポンジを焼く。粉とココアをふるう。

型にオイルをぬり、底に紙をはる。

卵を割りほぐし、砂糖を入れてハンドミキサーで泡立て、

もったりしたところで粉をゴムベラで混ぜ合わせ、

型に流して160℃で30分焼く。

2.シロップを作る。

鍋に水、砂糖を入れて煮立て、冷めてから、ブランデーを入れる。

3.チョコをきざむ。生クリームを湯煎で温めた中に

チョコを入れて溶かす。

4.生クリームに砂糖を入れて泡立てる。

5.スポンジを3枚にカットする。

1枚目にシロップをぬり、生クリームをぬる。

残りの生クリームにチョコを入れて、生チョコクリームに仕上げる。

2枚目を重ねて、シロップをぬり、生チョコクリームをぬって3枚目を重ね、

全面にチョコクリームをぬる。ココアをふる。





  


2017年12月04日

~~作りたいクリスマスケーキはいちごのケーキ~~

12月に入ればクリスマス。

「クリスマスケーキは何がいい?」と聞くと

『いちごのケーキがいい』なので今年のクリスマスケーキはいちごデコ

以外にみんなうまい!

作りたいものを作るって、上手に素敵に仕上がるのだろう。


クリスマスケーキ2017



クリスマスケーキ2017



クリスマスケーキ2017







  


Posted by ボナー at 21:15Comments(0)料理紹介デザート

2017年11月21日

~~こんなのが食べたかった~~

プリンの上に生クリームフルーツをたっぷり。

こんなプリンパフェが食べたかったナ。

Oさんはクリームが倒れそうなくらい絞った

きっとこれを彼に食べさせたいんだ。

きっとそうだ。

プリンパフェ1



プリンパフェ2







  


Posted by ボナー at 21:12Comments(0)料理紹介デザート

2017年07月23日

2017年04月08日

~~ああ大失敗!~~

時々写真をのせているN社のお弁当。
私の勘違いで初日の仕事に大穴をあけてしまった

配達から戻ると大変なことに...。
待っても届かないお弁当に担当者の心情は...。
ショックだった。

12年間やってきたこの仕事、まさかこんな失敗をするなんて。

確かに気持ちが浮ついていたのだった。

N社に電話を入れると「大丈夫、大丈夫。そんなに心配しなくても」と言われるとさらに気も沈む。

この時期は仕事の移動、入社と環境も変わり落着かない日々を送ります。
慣れていても不慣れでも失敗はつきもの。
「大丈夫、大丈夫。又スタートに戻った気持ちでやればいい」

ピアノの発表会のケーキ






  


Posted by ボナー at 21:18Comments(0)デザート

2017年03月28日

2017年03月05日

~~おいしい結婚記念日になりますように~~

今年もKさんの3年目の結婚記念ケーキを作りました。
本当はもう一人のKさんも来るはずだったのにインフルエンザになってしまって残念!
久しぶりの2人での教室だったのでとても楽しみだった。
彼女達は何度かこのブログに登場するコンビだ。
二人とも無事に結婚し、時々そのガス抜きが必要だった。
私に言わせれば2人の彼はとても良い夫だと思う。
なぜかというと一つの問題が発生する。
どちらがいけないのか問題なのかは別として、そのことに向き合って話をしようとするか、いい方向に進めようと努力する姿勢が見えるということだ。
私は彼たちをいつもほめるのだが、いつもほめすぎだと、怒られる。まあいい。
そこで今年のケーキは3年だから、3重巻のイチゴのロールケーキにしてみた。
一部がぐにゃと曲がっちゃったけど、結婚生活ってこんなのかもしれないね、そして、帰って何も作らなくてもいいようにビーフシチューとサラダを作り、今日のディナーにしたのだった。
もう一人のKさん、また二人でおいで、今度はKさんの話を聞くから、いいアドバイスはできないけれども聞くことはできるよ。


3重巻のいちごロールケーキ






  


Posted by ボナー at 22:08Comments(0)料理紹介デザート

2017年02月07日

~~もうすぐ2月14日~~

6年前のこの日は夕方からボタボタと重そうな雪が降り始めた。
ちょうどその頃、長男は車の事故を起こし、生死をさまよう日となった。
もし、その日の日赤の当直がM先生でなければ命はなかったかもしれない
タライ回しになるのを見かねた先生が受けて下さった。
先生の「君は私より若い、だから助ける」この言葉を聞いて長男は意識が薄れていったと後で本人から聞いた。

その一か月後の震災。

食卓のいつもの椅子に家族がいることの大切さ、それだけで幸せなのかもしれない。

いちごとキィウイのタルト







  


Posted by ボナー at 21:23Comments(0)料理紹介デザート

2017年01月24日

~~素朴だから焼りんごは美味しい~~

りんごの芯を抜いて、その中にシナモンシュガーバターを詰めて180℃でじっくり焼いてつくる焼りんご

甘酸っぱさとバターのコクがたまらない。

さらにバニラのアイスクリームをのせて食べれば高級なデザート


焼りんご1



焼りんご2





  


Posted by ボナー at 21:44Comments(0)料理紹介デザート

2016年11月23日

~~母さんのりんごのお菓子~~

子供の頃、母は私のドーナッツづくりを手伝ってくれたり、いんげんと人参の入った地粉でパンを作ってくれました。

そんな下地があって、現在の自分があるのだと思う。

子供たちが小さい時、一緒に何かをしてあげることが、成長している中で生き方のヒントになるのかも知れない。

りんごの焼き菓子





りんごの焼き菓子


りんご………2コ

卵………2コ

砂糖………150g

サラダオイル………100cc

小麦粉………200g

B.P………6g

レーズン………30g

ブランデー………適量

シナモン………適量

ナツメッグ………適量

1.小麦粉とB.Pをふるう。
りんごは8ツ割にして、皮、芯を取り3~4mmに切る。

2.ボールに卵と砂糖を入れて、泡立て、サラダオイルを入れ、小麦粉を3回くらいに分けて手早く合せる。
りんご、レーズン、シナモン、ナツメッグを加えて、ざっくりと混ぜ合わせ、ブランデーを入れる。

3.焼き型に流し160℃で20~30分焼く。

※焼き型以外に天板にオーブンシートを入れ平らに伸ばして焼き、小さくカットしてもよい。





  


Posted by ボナー at 21:53Comments(0)料理レシピデザート

2016年10月28日

~~冷凍パイシートでかぼちゃのパイ~~

カスタードクリームをかぼちゃペーストにプラスするだけで、さらにおいしいかぼちゃクリームになります。

パイシート4枚を使って21cmのパイを作る。

作り始めると楽しさは止まらない...。

パンプキンパイ作成


パンプキンパイ



パイシート2枚




パンプキンパイ(21cm1コ)

冷凍パイシート………4枚入り1袋

かぼちゃ………400g(1/4コ)

砂糖………30%(120g)

ブランデー………適量

バニラエッセンス


カスタードクリーム

黄卵………1コ

砂糖………25g

牛乳………125cc

小麦粉………10g(大さじ1強)

バニラエッセンス

とき卵(つや出し)………適量

1.かぼちゃの皮をむき、一口大に切って、皿に移し、レンジで4分加熱する。

厚めのビニール袋に入れて、上から手で押してつぶし、鍋にあけ、砂糖を加えて、練り合わせ、火にかけて、煮上げる。

冷めてからブランデーを入れて、かぼちゃペーストを作る。

2.カスタードクリームを作る。
小鍋に黄卵、小麦粉、砂糖を入れて合わせ、クリーム状に練り、牛乳を入れて、伸ばし煮上げて、冷めてからバニラを入れる。

3.かぼちゃペーストにカスタードクリームを混ぜる。
なめらかなかぼちゃクリームを作る。

4.パイシート2枚を使い、1cm幅で重ね、正方形のパイシートにし、ラップで上下に挟んでパイ皿の大きさに軽く伸ばし、パイ皿に敷き込み、余分な生地を切る。

フォークで底な穴をあけ、かぼちゃクリームをつめ、残り2枚のパイシートも同様に伸ばして、パイの上からかぶせ、卵をぬって210℃で15分180℃下げ5分焼く。






  


Posted by ボナー at 21:47Comments(0)料理レシピデザート

2016年09月28日

~~杏仁豆腐のデザートはいかが~~

大きめの皿にドーンと入れると、何だか心が豊かになる。

そんな心の余裕も時には必要かな。

杏仁豆腐




杏仁豆腐

粉寒天………4グラム

水………200cc

牛乳………300cc

砂糖………50g

アーモンドエッセンスまたはバニラエッセンス………少々

【シロップ】
水………400cc

砂糖………100g

レモン………1/2コ

季節のフルーツまたはフルーツの缶詰


1.鍋に水と粉寒天を入れて混ぜてから沸騰させ、2分程煮立てたら、砂糖、牛乳の順に入れ、火を止めてアーモンドエッセンスを入れる。

タッパーなど深めの器に流して冷蔵庫で冷やす。

2.鍋にシロップ用の水と砂糖を入れて煮立てる。

冷めてからレモン汁を入れて冷蔵庫で冷やす。

3.(1)が固まったら、一辺が2センチ幅のひし形になるように切る。

器に切った杏仁豆腐、シロップを入れ、フルーツを散らす。



  


Posted by ボナー at 20:55Comments(0)料理レシピデザート

2016年09月07日

~~こんな おまじない~~

私はよくこんなことをする。

こうしたいとかこうなりたいと思うとき、それを書いたものをいつも持ち歩くバッグの中に忍ばせておく。

そうすると、何となくそんな方向に自分が進んでいくように感じる。

脳に自分の思いをインプットすると、自分では意識しなくても脳が勝手にその目的の向かって道筋をつけてくれるのかもしれない。

目的を設定することは明日を見る、先を考えることにつながる。

でも欲張るとだめらしい。


群馬よみうりのタウンぐんまに載せたかんたんレアチーズケーキの応用

タルトのから焼きに流し、フレッシュフルーツをのせる


フレッシュフルーツ載せタルト





  


Posted by ボナー at 23:02Comments(0)料理紹介デザート

2016年06月17日

~~レヤーチーズがこんな簡単でもいいんだ!~~

シニアクラブのIさんに教えて頂きました。

ゼラチンを使わなくても固まるなんて知らなかった。

ただクリームチーズに材料を入れて混ぜて流すだけ、これなら誰だって作れちゃう。

Iさんは50代で製菓学校に通ったお菓子好き、いろいろお菓子以外にも教わることが多い。


混ぜて冷やすだけのレヤーチーズ



混ぜて冷やすだけのレヤーチーズ

クリームチーズ………200g

砂糖………40g

レモン汁………1/2コ分

生クリーム………200cc

1.クリームチーズをボールに取り、クリーム状にする。
砂糖を加え混ぜ、レモン汁を入れ、生クリームをそのまま入れて合せ、容器に流し冷し固める。



  


Posted by ボナー at 21:15Comments(0)料理レシピデザート

2015年05月25日

~~もう少しでいちごもおしまい~~

こんなかわいいオムレットになった。
冷して早く食べたい!


いちごのオムレット



いちごオムレット(5~6個)

(スポンジ)
卵(180g)………3個

砂糖………70g

小麦粉………60g

生クリーム………200cc
砂糖………20g

いちご………1パック


1.スポンジを作る。
粉をふるう。天板に紙(オーブンペーパー)を入れる。
卵を泡立て、砂糖を加えてさらに固く泡立て、小麦粉を分けながら加える。
天板にお玉で12cm程度の円状にスポンジ生地を流し、190℃で5分程度焼く。
ややさまして紙からはずし、2つ折りにして形づくる。

2.いちごはヘタを取り、2つ切り。

3.生クリームに砂糖を入れて固めに泡立てる。

4.スポンジに生クリームをぬり、いちごをはさみ、
もう一度生クリームでカバーする。(絞り出し袋に生クリームを入れても)





   


Posted by ボナー at 20:57Comments(0)料理レシピデザート

2015年02月18日

~~今年のバレンタインケーキはこれ!~~

教室の第2週目はお菓子、だからバレンタイン仕様のケーキとなる。
彼に、お父さんに、お兄ちゃんに、お母さんにとちょっと気持ちを入れたケーキ作りとなる。
そして今年はドイツケーキにした。

本来はチョコレートスポンジなのだが白スポンジを焼き、薄く4枚にスライス、これが難しい。
生クリームをホイップして、溶かしたチョコを入れると生チョコクリーム。
これをブランデー入りのシロップをぬったスポンジにぬって重ねて重ねて、気持ちも重ねて、けずったチョコを全面にふる。
クリームのぬり方がデコボコでもきれいにカバーできる。

みんなすばらしい仕上りだよ!
自分でつくったケーキだ、やれば出来るんだねエ。
誰かが言った「〇〇ちゃんが、きっと喜んでくれる...」


ショコラーデン、トルテ



チョコレートをそのままホワイトチョコにかえてつくったケーキ。
ザルブルガー、トルテと名前はかわるけれど、つくり方は一緒
ホワイトチョコレートのやさしい甘みが品のある純白のケーキです。

ザルツブルガー、トルテ



ショコラーデン、トルテ

(スポンジ)15cmor16.5cm
卵………2コ
砂糖………50g 
薄力粉………50g


シロップ
水………50cc
砂糖………大さじ1強
ブランデー………少々

チョコクリーム
チョコレート………50g
生クリーム………50cc

生クリーム………150cc
ブランデー………少々





1.スポンジを焼く。
焼型の内側に油をぬり、底に紙を敷く。
粉をふるう。
ボールに卵を割り、ハンドミキサーで泡立て、砂糖を加えてさらに泡立て、もったりとする状態にする。
粉をゴムベラで混ぜ込み、型に流して30分程度焼く、さます。

2.シロップをつくる。
水に砂糖を入れて煮立て、さめてからブランデーを加える。
又はカップに水、砂糖を入れてレンジにかける。

3.デコレ用のけずりチョコをつくる。
クリーム用のチョコレートをきざむ。
生クリーム50ccをボールに入れて湯せんにし、生クリームを熱くした中にチョコを入れてすばやく混ぜ、ボールを出す。

4.生クリームをホイップし、さめたチョコを入れて混ぜ、チョコレートクリームをつくる。
ブランデーを入れる。

5.スポンジを3~4枚にスライスし、底のスポンジにシロップをうち、クリームをぬる。
くり返し、スポンジを重ね、全面にクリームをぬり、けずりチョコを散らす。




   


Posted by ボナー at 23:01Comments(0)料理レシピデザート